感謝を伝えるのには手紙が一番

スポンサーリンク
日常

最近は何事もデジタル化やペーパーレス化されてきており、アナログの部分は徐々に減ってきています。

そんな多くの発信手段がある中で、周りの人に対する感謝の思いはどのように伝えるべきなのでしょうか?

最もおすすめなのは手紙

結論から言うと、最もおすすめの手段は手紙になります。

ここからは手紙がおすすめの理由について書いていこうと思います。

手紙がオススメの3つの理由

温かみがある

まずは手書きの文字にはSNSなどのデジタルの書体では伝えることが難しい人の温もりがあります。

人の温もりは受け取った相手の精神的な負担を軽減したり、そこから家族へ、友人へというように周囲の人にも広がり、結果的には雰囲気の良い環境を作ることに繋がります。

独自性が出る

手紙は書面便箋はがき文章切手筆記用具など色々な要素で構成されています。

それぞれの要素を自分の思い通りの組み合わせができます。

加えて、書き手の文字を書く際のクセなども現れるので、その手紙自体が思い入れの深いものになります。

使った時間が目に見える形で表される

意外と見落とされがちなのが、手書きはデジタルよりも時間がかかったことが相手に伝わりやすいという点です。

日頃仕事や勉強で忙しい人から送られる手紙ほど「自分のために時間を使ってくれた」という思いが強くなります。

そして、相手との関係性をより良いものにすることができます。

これは家族や身内に限ったことではなく、取引先の企業などにも同じことが言えます。

そして、新たな仕事の獲得や長期的な契約へとつなげることができます。

とはいえ、これは感謝の手紙を書いた際に生まれる副産物のようなものなので、案件獲得の為に手紙を書くとその下心は相手にも伝わります。あくまでも感謝が第一です。

手紙を書く際の注意点

素直に書くことを意識

手紙を書くことのメリットにいつもは伝えづらい気持ちを伝えやすいという点が挙げられます。

直接対面では無い分、変な恥ずかしさが無いということです。

そのようなメリットがあるのに意地を張って素直に書かないのはとても勿体無いです。

せっかく手紙を書くのなら、日頃はなかなか伝えづらいようなことも正直に書くようにしましょう。

相手が読んだ際の気持ちを考えながら書く

手紙はなんでも自分の好きなように書いていい訳ではありません。

書き手の自分がいるということは、受け手の相手が存在します。

そして、その手紙を最終的には手紙の内容次第で相手との関係性は良くも悪くも変化します。

感謝を手紙を書く際には相手の気持ちになって、全体的なバランスや相手にどのような気持ちになって欲しいかを意識しながら書くようにしたほうがいいです。

事前に書く内容を大体決めておく

手紙を書く際にはいきなり本文を書き始めるのはあまりオススメではありません。

途中で誤字などのミスをしたり、書くスペースが足りなくなったり、全体的なバランスが悪くなったりしてしまうからです。

書く前には大体の構成を考えてから書くようにした方がいいです。

まとめ

今回は感謝の気持ちを伝えるには手紙が効果的だということをお伝えしました。

実際に手紙を書いてみると、書く前の構成をどのようにするのかという段階にかなり時間を使いますが、一度決まってしまうとスラスラと書くことができ、手紙を渡したり、送った段階でちょっとした達成感が生まれ、自己承認が満たされ、精神的な健康にも繋がります。

以上の点から感謝を伝えるには手紙がオススメです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

皆様の人生がより良いものになりますように。

ではまた!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました